入賞

金田 涼子 (Japan)

審査員コメント

+DESIGNING

(原画を見ていないので繊細なタッチまでは確認できませんが)日本画的技法にデフォルメされたキュートなキャラクター、練り込まれたシュールな世界観のバランスよくま とまっていると感じました。主体として描かれた女の子と、緻密に書き込まれた世界で 動き回る小さな女の子たちによって作られるマクロ/ミクロの対比が、絵の世界により強く引き込む要因になっています。ただ女の子をかわいく描く、というのではなく、見る側にさまざまな視点を持たせてくれるユニークな作品だと思います。