入賞

篠崎 理一郎 (Japan)

審査員コメント

adobo magazine

ボールペンを使った「Stardust Boy」中でレンダリングされた複雑で濃密で濃縮したレベルの高い作品はすばらしい。画像に強く引き込まれる。すばらしい。