入賞

上甲 尚弘 (Japan)

審査員コメント

Chris Lee

この写真は、抽象絵画から写真へ、使われた媒体の境目をぼかして続いている。構成の観点からは、頭が最初に引き込まれて、それから、ゆっくり前景と背景を滑空して景色の全貌を見ることになる。結果は、詩的で、ノスタルジックで、夢のようで、楽観的だ。